マンガ・アニメ・映画

【キングダム】668話のネタバレ!礼と識・悲しみの追憶を辿って

キングダム667話は羌瘣と羌礼が野原で決闘を始めるところで終わっていました。

この記事では2021年1月21日に発売された、週間ヤングジャンプより、キングダム668話のおおまかなあらすじをご紹介します。

ネタバレを含みますので、ご注意下さい。

スポンサーリンク

羌瘣と羌礼の対決

 

羌瘣も羌礼も深呼吸をし、深い巫舞(みぶ)へと入っていきます。

二人は激しく剣を振り合いました。

羌瘣の下にいた羌礼がすばやく身をかわし、立ち上がって羌瘣の剣をかわしました。

羌礼は「上手いもんだろ。“霞の術“。だが識はもっと上手かった。

つまり、私が識だったら、今のでお前は死んでいるんだよ。なのになんで識が死んで、お前が外で息をしている

と羌瘣に問いかけます。

羌瘣は「確かに識は天才だった。だが私の力もこんなもんじゃない。本気で私を倒したいなら、もっと深いところまで来い、礼」と挑発ます。

羌礼は劇昂し、「ぬかせよ、貴様!!祭をくぐっていない女が!!」と羌瘣に飛びかかろうとします。

羌礼の瞳孔は開ききっています。

スポンサーリンク

狂宴の祭の果て

「凄まじい混沌だったぞ。瘣姉。あれはまさに狂宴だった。私の巫舞はかつてない深さに...。だから周りのヤツを次々と...」。

羌瘣は「識もその深さにいたのか」と問いかけます。

「当然だろうが。識は天才だった。かしこくて、やさしくて。祭を勝ち残るのに、一番ふさわしいヤツだった」と羌礼が答えます。

「じゃあ、何故識が死んだ!?」羌瘣がさらに問いかけます。

「戦ったさ。私たちはお前と象姉のような軟弱者じゃない。正々堂々と祭に挑んだ」。

礼と識は祭で戦いました。

祭の代表者の実力は皆ほとんど差はなかったが、識一人の頭が抜きんでていたといいます。

全員強かったが礼は何度も呼吸がつき、それでも巫舞をやり、肺が裂け血が吹き出て、骨がくだけても、また巫舞をやったといいます。

どれだけ戦ったのかも覚えていなく、気づいたら周りは皆死んでいた。

頭も斬られていたし、自分が息をしているのかさえわからなくなっていました。

ふと礼は自分以外にも同じ様にボロボロになり、生き残った者と背中合わせになったことに気づきました。

それはまぎれもなく、識でした。

礼は識に何か言おうとしましたが、背中からすさまじい殺気を感じ、礼に考える隙を与えなかったと言います。

識の剣が礼の首をとらえました。

礼も識の胸を突き刺そうとしました。

識の剣の方が、ほんの一瞬早かったといいます。

ですが、最終的に識の胸を突き刺したのは礼でした。

キングダム667話のネタバレ!瘣と羌礼の決闘はいかに!?キングダム666話は、羌瘣が信と恬に羌礼が祭の中で識を殺めた上、自分の命を奪いに飛信隊にやってきたのではないか と打ち明けたところで終...

キングダム668話のネタバレ!礼と識・悲しみの追憶を辿ってのまとめ

 

以上、キングダム668話のおおまかなあらすじをネタバレを交えて、ご紹介しました。

確かに大好きだった識を自分の手で殺めてしまったことは、辛いでしょう。

しかし、羌瘣を殺めることで羌礼の悲しみが癒されるわけではありません。

識と自分が正々堂々と挑んだ祭に、※羌瘣が参加していないのが許せないというのは、わからないでもないですね。

※羌瘣は姉貴分の羌象に祭が執り行われる日に、薬で眠らされていました。

\ヤンジャンを一冊無料で読む/
U-NEXT

スポンサーリンク
ABOUT ME
なぎさ
東京都在住。 二人の男の子のシングルマザーです。 本業は、ファイナンシャルプランナー兼生命保険募集人です。 好きなものは、息子、音楽、城、南の島、ネコ、ビール、鼻ぺちゃ犬、マンガ、映画館、空港、腕時計。
最新の投稿
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です