人物

ルーク・テリー(右腕を失ったキャッチャー)の不屈の精神が起こした奇跡とは?

こんにちは!!なぎさです(*‘∀‘)

2019年6月27日(木)、フジテレビで奇跡体験アンビリバボー!【右腕を失ったキャッチャーが起こした奇跡】が放送されます。

その中で、病気で右腕を失いがらも、希望を捨てず夢だったメジャーリーガーを目指す、ルーク・テリーが紹介されます。

今回はルーク・テリーをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

右腕を失ったキャッチャー、ルーク・テリーとは

ルーク・テリーは赤ちゃんだった1歳7か月の頃、大腸菌感染症にかかりました。

ルークはこの治療の為に、上腕から挿入するカテーテル、PICCカテーテルを挿入しました。

このPICCカテーテルは、食事のとれない患者に対する高カロリーの輸液や、出血の激しい患者に対する輸血、感染症の拡大を防ぐための、抗生剤の投与のためなどに用いられます。

PICCカテーテルは、一般的には挿入後の感染リスクは低く、長期の挿入も可能と言われています。

ルークは大腸菌感染症による重度の腸内出血と脱水症状により、このPICCカテーテルを挿入せざるをえなかったのです。

大腸菌感染症は、腸に裂傷などの傷があると、腸の外部でも感染症を引き起こすことがあります。

このような細菌は、防護されていない周辺組織に広がることもあり、時には血液中に侵入して腸以外の部分に感染症を引き起こす恐れがあります。

血液中に侵入した大腸菌が、ルークの血液にそって右腕に伝わり、ルークの右腕の組織を壊死させる事態になりました。

ルークは、右腕を切断せざるをえない状況になりました。

ルークは右腕を切断しただけでなく、右腕に関する手術を3回も行っています。

それでも、ルークは絶望することなく、立ち上がったのです。

スポンサーリンク

ルーク独自のトレーニング(右腕を失ったキャッチャー)

2歳にも満たないうちにから、右腕を失ったルークは、自分に右腕がないのをハンディキャップとは感じていませんでした。

まわりの子と同じようにテレビゲームがしたければ、残された左腕をうまく使って、左手でコントローラーを操作しました。

キャッチャーとしてのトレーニングも、何回も何回もシミュレーションし、独自の方法をあみだしました。

右腕がなくても、メジャーリーグでキャッチャーミットをかまえることをあきらめなかったのです。

メジャーリーグでは、片腕のピッチャーで活躍した選手はいましたが、ルークのように片腕のないキャッチャーというのは前例がありません。

ルークが、ツイッターに独自のキャッチング法とバッティングの様子を投稿すると、瞬く間に700万ビューを超え、このツイッターの動画を見た、名だたるアスリートもルークを賞賛しました。

ルークがメジャーリーグ公式戦で始球式のキャッチャーを務めることに(右腕を失ったキャッチャー)

メジャーリーグ・チームであるオリオールズは2017年6月21日、オリオールズVSインディアンズ戦での始球式に、当時14歳だったルークをキャッチャーとして招待しました。

ルークは、通算268勝を誇る殿堂入りのジム・パーマーの投球するボールをミットにおさめました。

この時、オリオールズの本拠地であるオリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズスタジアムは大歓声と拍手喝采に包まれました。

左腕で、キャッチしたら瞬時にスナップをきかせ、左腕でボールを浮かせます。

それと同時にブラブを外し、浮かせたボールをまた素手になった左腕でキャッチし、投手目がけて、するどく刺すような送球をします。

ルークの何度も自分の体感と訓練を積み重ねて、編み出し作り上げた技術が素晴らしいですね。


ハンディキャップがありながら、メジャーリーガーとして活躍した歴代選手(ルーク・テリー・右腕を失ったキャッチャー)

モーデカイ・ブラウン

右手をトウモロコシの粉砕機に挟まれたことから、2本の指を欠損してしまい3本指のまま、メジャーリーガーの投手となりました。

シカゴ・カブスやシンシナティ・レッズでプレーしていました。

ジム・アボット

先天性右手欠損症というハンディキャップをかかえて、ニューヨークヤンキースやシカゴホワイトソックスなどでプレーしていました。

ルーク・テリー(右腕を失ったキャッチャー)まとめ

今回は、右腕がなくてもメジャーリーガーになる夢をあきらめない、ルーク・テリーについてご紹介しましたがいかがでしたか。

ルークの不屈のチャレンジ精神は、ちょっと体調がすぐれないだけですぐにダラダラしてしまう私の目には、神々しく映り、涙が止まりませんでした。

現在、ルークは16歳。

どんな青年になっているのでしょうか。

これからもルークには、不屈の精神で大好きな野球を続けてほしいですね。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
なぎさ
千葉県在住。 二人の男の子のシングルマザーです。 週5日、都内のクリニックで働いています。 好きなものは、息子、音楽、南の島、ネコ、鼻ぺちゃ犬、マンガ、映画館、空港、腕時計。 どうぞよろしくお願いします(*‘∀‘)
最新の投稿
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です